※当社の熟練した石油機器技術管理士が直接作業しますので、ご安心ください。
 

石油ストーブ・ボイラーの出張修理・点検整備

お客様から修理、点検整備のご依頼を頂くと、各エリアの担当者に連絡し、お客様宅に向かいます。
ストーブをお預かりする場合は当社のストーブを無料でお貸しします。煙突式、FF式等各種用意しております。
尚、受付時に迅速に対応できるように過去の出張修理、点検整備、販売の内容をシステムで管理しております。

ストーブの整備

1

2

 

1

 

 

2

 

お客様から伺ったエラー番号や気になる点を再度確認し、作業を開始します。

3

4

5

 

3

 

 

4

 

 

5

 

燃焼室は塗装を剥がし、点検後に再度耐熱塗装をします。ガラス、前面ガード等分解した部品は洗浄します。

6

7

 

6

 

 

7

 

バーナー部を整備し組み立てます。

8

9

 

8

 

 

9

 

オイルレベラー、基板、各センサー類を点検し組み立てます。排気管の長さはお客様宅と同じ設置状態にして燃焼試験をします。

10

11

12

 

10

 

 

11

 

 

12

 

外観を最終確認し、仕上げにワックスをかけ、梱包して完了です。交換部品はお届け時にすべて持参し説明致します。

点検整備後、1年間は出張料、技術料は無料で伺います。故障の際のご請求は部品代のみとなります。(取り扱い上の不注意による故障は有償となります。)

お客様の1台を、1人の整備担当者が、最後まで責任を持って作業します。見積り金額を超える場合は、作業を一時中止し、ご連絡します。

ボイラー燃焼部の整備

Before

After

 

Before

 

 

 

 

After

 

お客様から伺ったエラー番号や気になる点を再度確認し、作業を開始します。

 

 

ガンタイプバーナーの整備風景

ガンタイプバーナーの整備風景

 

石油ストーブ・ボイラーの販売・施工

石油ストーブ、石油給湯ボイラー、石油温水ボイラー各種取り扱っております。
お客様のライフスタイルに合ったご提案をさせて頂きます。お見積りは無料です。

ボイラー交換工事

Before

After

お見積りから取付け工事・試運転・使用説明まで、同じ担当者が責任を持って作業します。

 

Before

 

 

 

 

 

 

After

 

 

温水暖房・融雪システムの不凍液交換

①ボイラー、配管、パネルの不凍液を抜き、回路毎に洗浄します。
②膨張タンク気体圧の点検(密閉配管の場合)
③不凍液を注入し、システム内のエアー抜き及び圧力調整をします。
④ボイラーの試運転をして各パネルの暖まりを確認します。

不凍液に含まれる防錆剤残存率は、使用経過年数とともに減少します。
パネルの腐食防止のため定期的に不凍液を点検、交換する必要があります。
交換時期は、配管方式によって劣化の度合いが異なりますが、約5~6年がお勧めです。

①ボイラー、配管、パネルの不凍液を抜き、回路毎に洗浄します。
②膨張タンク気体圧の点検(密閉配管の場合)
③不凍液を注入し、システム内のエアー抜き及び圧力調整をします。
④ボイラーの試運転をして各パネルの暖まりを確認します。

不凍液に含まれる防錆剤残存率は、使用経過年数とともに減少します。
パネルの腐食防止のため定期的に不凍液を点検、交換する必要があります。
交換時期は、配管方式によって劣化の度合いが異なりますが、約5~6年がお勧めです。

011-782-5471

011-782-8338